横川博一研究室│神戸大学 国際コミュニケーションセンター 大学院国際文化学研究科│言語教育科学 -心理言語学・英語教育学-

神戸大学HOMEへ戻る

研究業績

  • Makita, K., Yamazaki, M., Tanabe, C. H., Koike, T., Kochiyama, T., Yokokawa, H., Yoshida, H., & Sadato, N. (2013). A Functional Magnetic Resonance Imaging Study of Foreign-Language Vocabulary Learning Enhanced by Phonological Rehearsal: The Role of the Right Cerebellum and Left Fusiform Gyrus. Mind, Brain and Education, 7(4), 213-224.
  • 鳴海智之・長井千枝子・松本絵理子・林 良子・横川博一 (2013).「日本人英語学習者の文処理時における言語情報への敏感さに熟達度が与える影響−事象関連電位測定実験による神経脳科学的検討−」電子情報通信学会技術研究報告『信学技報』, 113巻, 174号, 13-18.
  • 鳴海智之・横川博一 (2013). 「日本人英語学習者の言語情報への繰り返し接触が文処理に与える影響 −事象関連電位測定実験による検討−」電子情報通信学会技術研究報告『信学技報』, 113巻, 354号, 65-70.
  • Narumi, T., & Yokokawa, H. (2013). Proficiency and Working Memory Effects on the Use of Animacy and Morphosyntactic Information in Comprehending Temporarily Ambiguous Sentences by Japanese EFL Learners: An Eye-tracking Study.ことばの科学会学会誌『ことばの科学研究』, 14, 19-42.
  • Nakagawa, E., Morishita, M., & Yokokawa, H. (2013). The effects of lexical processing and proficiency on syntactic priming during sentence production by Japanese learners of English. Annual Review of English Language Education in Japan, 24, 189-204.
  • 中川恵理,横川博一,小池耕彦,牧田快,島田浩二,定藤規弘.(2013). 日本人英語学習者のL2文産出処理の自動化に伴う神経基盤の変化:fMRI実験による検討.『信学技報』, 113(354), 59-64.
  • 榊原啓子・横川博一. (2012). キーワードへのフォーカス,熟達度,ワーキングメモリ要領が日本人英語学習者の文章理解に及ぼす影響−視線計測を指標にした心理言語学実験による検討−,電子情報通信学会『信学技法』, 112 (139), 83-88.
  • 鳴海智之・横川博一. (2012). 日本人英語学習者の一時的構造曖昧文の理解における有生性・動詞の形態統語情報の利用に熟達度・ワーキングメモリ要領が及ぼす影響−眼球運動測定実験による心理言語学的検討−,電子情報通信学会『信学技法』, 112 (139), 89-94.
  • 中川恵理・横川博一 (2012). 日本人英語学習者の言語産出における統語的プライミングにインプットのモダリティおよび接触回数が及ぼす影響,電子情報通信学会『信学技法』, 112 (139).
  • Nakanishi, H., & Yokokawa, H. (2011). Determinant processing factors of recall performance in reading span tests: An empirical study of Japanese EFL learners,JACET BULLETIN,53,93-108.
  • 中西弘・横川博一 (2011). リーディングスパンテストの再生成績に影響を与える処理要因―日本人英語学習者を対象にした実証研究,電子情報通信学会『信学技報』,20011-11, 49-54.
  • Nakagawa, E., & Yokokawa, H. (2011). An eye-tracking study on grammatical encoding during L2 sentence production: A pilot study. 『神戸大学国際コミュニケーションセンター論集』, 8, 37-49.
  • Nagai, C., Yabuuchi, S., Hashimoto, K., Sugai, K, Yokokawa, H. (2010). Verb subcategorization information during sentence comprehension by Japanese EFL Learners: Evidence from self-paced sentence anomaly task.  Annual Review of English Language Education in Japan, 21, 61-70.
  • Morishita, M., Satoi, H., Yokokawa, H. (2010). Verb lexical representation of Japanese EFL learners: Syntactic priming during language production. 『ことばの科学研究』11, 29-43.
  • 泉恵美子,平井愛,横川博一,吉田晴世 (2010).「英語読解指導における状況モデルを活かしたタスク活動の効果」関西英語教育学会紀要『英語教育研究』33, 51-60.
  • 吉田晴世,横川博一,村瀬未花,田邊宏樹,牧田快,定藤規弘 (2009).「未知語の模倣と反復における語彙学習の神経基盤と自動化プロセス」電子情報通信学会『信学技報』2009-07, 17-22.
  • 橋本健一,横川博一 (2009).「熟達度が第二言語文理解における動詞他動性情報の利用に与える影響」電子情報通信学会『信学技報』2009-11, 51-56.
  • Harada T, Itakura S, Xu F, Lee K, Nakashita S, Saito DN, Sadato N. (2009). Neural correlates of the judgment of lying: A functional magnetic resonance imaging study. Neurosci Res, 63, 23-34.
  • Tanabe, H., & Sadato N. (2009). Ventrolateral prefrontal cortex activity associated with individual differences in arbitrary delayed paired-association learning performance: A functional magnetic resonance imaging study. Neuroscience, 160, 271-280.
  • 間野陽子,原田宗子,杉浦元亮,定藤規弘.(2009).Perspective-taking as part of narrative comprehension: A functional MRI study. Neuropsychologia, 47, 813-824.
  • 阿栄娜,林良子 (2009).「シャドーイング練習による日本語発音の変化―モンゴル語・中国語母語話者を対象に―」『日本音響学会聴覚研究会資料(電子情報通信学会技術研究報告)』Vol.40, No.3, H-2010-29, 151-156.
  • Matsumoto, E. (2009). Bias in attending to emotional facial expressions: Anxiety and visual search efficiency. Applied Cognitive Psychology, 24, 414-424.
  • 松本絵理子 (2009).「ポジティブ感情、ネガティブ感情の認知と神経基盤」『産業ストレス研究』16, 151-158.
  • 嘉幡貴至,松本絵理子 (2009).「トップダウンの注意が前景と背景の変化検出に及ぼす影響」『認知心理学研究』7, 9-16.
  • 上田真由美,村上正行,角所考,美濃導彦 (2009).「教育・学習における遠隔協同作業支援」『ヒューマンインターフェイス学会誌』11, 19-24.
  • 角所考, 村上正行, 西口敏司, 丸谷宜史, 中村和晃, 美濃導彦 (2009).「学習現場におけるアンビエントなコミュニケーション支援のための人物行動観測」『ヒューマンインターフェイス学会誌』11, 27-32.
  • 菅井康祐 (2009).「日本語母語EFL学習者のリスニングにおける音声速度の影響」『近畿大学英語研究会紀要』4, 53-64.